慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 阿漕が浦に引く網

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 断る・撥ねつける語句 > 【ことわざ】 阿漕が浦に引く網  

【ことわざ】 阿漕が浦に引く網

【読み方】

あこぎがうらにひくあみ



【意味】

人知れず行う隠し事も度々行えば、ついには人に知られてしまうということ。「阿漕が浦」は伊勢(いせ)<今の三重県>にある海岸で、伊勢神宮に供える魚をとる場所として禁猟区になっていた。しかし、浜のある漁師が、老婆の難病に効くという魚を何度もとっていたため、見つかって罰として、海に沈められたという伝説から。

【用例】

いくら小さな店だって、経理はちゃんとしてるんだ。阿漕が浦に引く網っていうだろ。お前がレジからお金を抜いているのはわかっていたんだ!さぁ、全額返してもらおう。

【出典】

『古今和歌六帖(こきんわかろくじょう)』

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/97-5000b358

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク