慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 螢雪の功

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 螢雪の功  

【ことわざ】 螢雪の功

【読み方】

けいせつのこう



【意味】

中国、晋(しん)の車胤(しゃいん)は、貧しくて灯油用の油が買えないため、螢(ほたる)をたくさん集めて、その光で読書をした『晋書』。また、孫康(そんこう)も貧しく、窓辺に雪を集めて、その雪明かりで書を読んだ『蒙求』。のちに二人とも出世したという故事から、貧しいなかで苦学した成果のこと。

【類語】

螢の光窓の雪(ほたるのひかりまどのゆき)
雪案螢窓(せつあんけいそう)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク