慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 悪に強ければ善にも強い

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > なし > 【ことわざ】 悪に強ければ善にも強い  

【ことわざ】 悪に強ければ善にも強い

【読み方】

あくにつよければぜんにもつよい



【意味】

大悪人がひとたび善人になれば、その善行も大変スケールの大きなものとなる、ということ。大きな悪事を働く者は、性格が非常に強いから、改心すれば行いも並ではない大変なものになる。逆に、「善に強ければ悪にも強い(ぜんにつよければあくにもつよい)」という言葉もある。いずれにしても、強い事は中途半端には留まらないということの喩(たと)え。

【類義語】

毒薬変じて良薬となる(どくやくへんじてりょうやくとなる)

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/95-91bf97f6

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク