慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【慣用句】 目に余る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【慣用句】 目に余る  

【慣用句】 目に余る

【読み方】

めにあまる



【意味】

黙って見過ごすことが出来ないほど酷くて、限度を超えていること。

【用例】

☆若者だけじゃなく、大人の非常識にも目に余るものがある。
☆事件の関係者に対する、マスコミの過剰な取材活動は目に余る

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/946-030cd811

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク