慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 君子危うきに近寄らず

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 【ことわざ】 君子危うきに近寄らず  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【ことわざ】 君子危うきに近寄らず

【読み方】

くんしあやうきにちかよらず



【意味】

「君子」は見識や教養、徳のある人格者。君子は自分の身を慎み、不用意に危険なことに近寄ろうとしないということ。

【類語】

触らぬ神に祟り無し(さわらぬかみにたたりなし)

【用例】

君子危うきに近寄らずとばかり傍観者を決め込む。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。