慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 商人と屏風は直ぐには立たぬ

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > なし > 【ことわざ】 商人と屏風は直ぐには立たぬ  

【ことわざ】 商人と屏風は直ぐには立たぬ

【読み方】

あきんどとびょうぶはすぐにはたたぬ



【意味】

商売は正直であることや、理屈だけで成り立つものではなく、相手との駆け引きも必要であるということ。屏風は、曲げずに真っ直ぐなままでは倒れてしまうように、商人も腰を曲げ、低姿勢で客に接したり、駆け引きをすべきだという喩(たと)え。

【同義語】

商人と屏風は曲がらねば立たぬ(あきんどとびょうぶはまがらねばたたぬ)

【用例】

営業マンなら、商人と屏風は直ぐには立たぬというように、正義感や本音だけで成功するとは思うな。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/90-4d2a5b1c

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク