慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 麒麟も老いては駑馬に劣る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 麒麟も老いては駑馬に劣る  

【ことわざ】 麒麟も老いては駑馬に劣る

【読み方】

きりんもおいてはどばにおとる



【意味】

「麒麟」は一日に千里走るという駿馬(しゅんめ)。「駑馬」は走るのが遅い駄馬。名馬も年を取れば、駄馬にも負けるということ。どんなに優れた人物も、年老いると凡人に及ばなくなってしまうというたとえ。

【同語】

老いては麒麟も駑馬に劣る(おいてはきりんもどばにおとる)

【類語】

昔千里も今一里(むかしせんりもいまいちり)
昔の剣今の菜刀(むかしのつるぎいまのながたな)

【反語】

老いたる馬は道を忘れず(おいたるうまはみちをわすれず)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク