慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 歓楽極まりて哀情多し

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 歓楽極まりて哀情多し  

【ことわざ】 歓楽極まりて哀情多し

【読み方】

かんらくきわまりてあいじょうおおし



【意味】

中国、漢(かん)の武帝(ぶてい)の詩「秋風辞(しゅうふうじ)」に、「歓楽が極まると、こんな楽しさはいつまでも続くものではないと感じて、かえって悲しみの情が多くなる」とある。このことから、喜びや楽しみの感情が頂点に達すると、かえって切々とした悲しみや哀愁が湧き起こってくるということ。

【類語】

楽しみ尽きて悲しみ来る(たのしみつきてかなしみきたる)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク