慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 邯鄲の夢

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 邯鄲の夢  

【ことわざ】 邯鄲の夢

【読み方】

かんたんのゆめ



【意味】

中国、唐(とう)の時代、趙(ちょう)の都の邯鄲郊外で、廬生(ろせい)という貧しい若者が、旅人に枕を借りて寝たところ、素晴らしい妻を得て大臣になり、五十年の栄華を極めるという一生の夢を見た。しかし、目覚めれば、炊きかけの黄梁(こうりょう)がまだ煮あがっていないほどの短い時間だったという故事による。人の一生は短く、栄華を極めてもほんの一瞬の儚(はかな)いものであるということ。

【同語】

一炊の夢(いっすいのゆめ)
廬生の夢(ろせいのゆめ)
邯鄲の枕(かんたんのまくら)
南柯の夢(なんかのゆめ)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク