慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 壁に耳あり障子に目あり

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 壁に耳あり障子に目あり  

【ことわざ】 壁に耳あり障子に目あり

【読み方】

かべにみみありしょうじにめあり



【意味】

秘密裏の談合の内容がいつの間にか漏れていて、壁に耳でもあるのかと疑ったということから、秘密というものは漏れやすく、どこで聞かれたり見られたりしているかわからないということ。また、他人に知られて困る話をするには細心の注意を払え、ということ。

【類語】

壁に耳天に口(かべにみみてんにくち)
壁に耳垣根に目(かべにみみかきねにめ)

【用例】

会社に内緒のアルバイトの話だ。壁に耳あり障子に目ありだから、帰宅後に自宅へ電話するよ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク