慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 門松は冥土の旅の一里塚

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 門松は冥土の旅の一里塚  

【ことわざ】 門松は冥土の旅の一里塚

【読み方】

かどまつはめいどのたびのいちりづか



【意味】

「冥土」は死者がたどる道、黄泉路のこと。「一里塚」は里程を示す道標、道しるべのこと。おめでたい門松も、正月に立てる毎に一つ歳をとって死に近づくわけで、以下「めでたくもありめでたくもなし」と続く。

【用例】

門松は冥土の旅の一里塚じゃないが、この歳になると門松を立てるのも複雑な思いがする。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク