慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 仰いで天に愧じず

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 励ます・喝を入れる語句 > 【ことわざ】 仰いで天に愧じず  

【ことわざ】 仰いで天に愧じず

【読み方】

あおいでてんにはじず



【意味】

自分が正しく、心に何もやましい所がなければ、天を仰ぎ見ても、天の神に対しても、少しも恥じる事はないということ。「愧じる」は、自分の見苦しさを人に対して恥ずかしく思うこと。

【同義語】

俯仰天地に愧じず(ふぎょうてんちにはじず)

【用例】

株式総会でどんな批判を受けようが、私は仰いで天に愧じずの心境でおります。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/62-71468fe5

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク