慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 蝸牛角上の争い

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 蝸牛角上の争い  

【ことわざ】 蝸牛角上の争い

【読み方】

かぎゅうかくじょうのあらそい



【意味】

「蝸牛」はカタツムリのこと。「角」はツノのこと。カタツムリの左右の触覚(ツノ)の上にあった、触(しょく)と蛮(ばん)という二つの国が争ったという寓話から、極めて狭い世界での、大勢に影響のない、こせこせしたつまらない争いのこと。

【同語】

蝸角の争い(かかくのあらそい)
蛮触の争い(ばんしょくのあらそい)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク