慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 思い内にあれば色外に現る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 思い内にあれば色外に現る  

【ことわざ】 思い内にあれば色外に現る

【読み方】

おもいうちにあればいろそとにあらわる



【意味】

「色」は表情、言動の意味で、心に何かを思うことがあれば、自然に顔や言葉、行動に出てしまうものであること。

【類語】

隠れたるより見わるるは莫し(かくれたるよりあらわるるはなし)

【用例】

ウブの彼と奥さんとの馴れ初めは、思い内にあれば色外に現るという感じで付き合っていた。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク