慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 帯に短し襷に流し

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 帯に短し襷に流し  

【ことわざ】 帯に短し襷に流し

【読み方】

おびにみじかしたすきにながし



【意味】

帯にするには短いし、襷にするには長すぎて、結局どちらにも使えないということから、どっちもつかず、中途半端で役に立たないことのたとえ。

【同語】

帯に短しまわしに長し(おびにみじかしまわしにながし)

【類語】

太郎にも次郎にも足りぬ(たろうにもじろうにもたりぬ)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク