慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 鬼も十八番茶も出花

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 鬼も十八番茶も出花  

【ことわざ】 鬼も十八番茶も出花

【読み方】

おにもじゅうはちばんちゃもでばな



【意味】

鬼のように醜い娘でも、年頃になれば若さの魅力が出て美しく、安い番茶でも出はな、注ぎたては香りがあって美味しいということから、どんなものにでも、必ず盛りはあるということ。誉め言葉ではないので、喩える時は注意。

【同語】

鬼も十七茨も花(おにもじゅうしちいばらもはな)

【用例】

うちの妻はこう見えても、鬼も十八番茶も出花で、それなりに可愛かった時もあった。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク