慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 遅かりし由良之助

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 遅かりし由良之助  

【ことわざ】 遅かりし由良之助

【読み方】

おそかりしゆらのすけ



【意味】

時期を逸し間に合わなかった場合、また待っていた人がやっと来た時などに使う。「由良之助(ゆらのすけ)」とは、歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」に登場する、大星由良之助(大石内蔵助)のことで、塩谷判官(浅野内匠頭)が由良之助を待ちかね、切腹したときに、由良之助が到着し、その刹那、塩谷判官が言った言葉とされる。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク