慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 負うた子に教えられて浅瀬を渡る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 負うた子に教えられて浅瀬を渡る  

【ことわざ】 負うた子に教えられて浅瀬を渡る

【読み方】

おうたこにおしえられてあさせをわたる



【意味】

川を渡るとき、上から見たほうが分かりやすいので、背負った子供に川の浅いところを教えてもらう、ということから、時には自分より年若い未熟なものから、教えられることもあるということ。

【類語】

三つ子に習って浅瀬を渡る(みつごにならってあさせをわたる)
負うた子に浅瀬(おうたこにあさせ)
負うた子に教えられる(おうたこにおしえられる)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク