慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【慣用句】 鳥肌が立つ

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【慣用句】 鳥肌が立つ  

【慣用句】 鳥肌が立つ

【読み方】

とりはだがたつ



【意味】

恐怖や寒さなどで皮膚が収縮して、毛が逆立つ毛穴が目立つこと。特に、強烈な刺激などを受けたときに用いる。

【用例】

あまりの恐ろしさに、鳥肌が立った。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク