慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【慣用句】 どこ吹く風

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【慣用句】 どこ吹く風  

【慣用句】 どこ吹く風

【読み方】

どこふくかぜ



【意味】

他人の言うことに、全く耳を貸さないという意味。また、人の言うことを無視する時にも用いる。本来は、風がどこを吹いているのか、自分は知らないという意味。

【用例】

取引先の部長、何度値上げを頼んでも、どこ吹く風なんだ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク