慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや  

【ことわざ】 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

【読み方】

えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや



【意味】

ツバメ(燕)やスズメ(雀)のような小さな鳥に、オオトリ(鴻)や白鳥(鴻)のような大きな鳥の、抱く志が分かるはずがない、というところから、つまらない小人物には、偉大な人物の遠大な志は分かりもせず、分かろうともしないということ。後に、楚王となった陳渉(ちんしょう)が若い頃、彼の志を嘲笑った雇い主に言った言葉。

【用例】

小さな会社で満足している人たちに、俺達のビッグプロジェクトがわかるものか。燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやだ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク