慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 浮世は回り持ち

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 浮世は回り持ち  

【ことわざ】 浮世は回り持ち

【読み方】

うきよはまわりもち



【意味】

世の中の幸、不幸、貧富などは、人から人へと巡っていき、同じ人に留まることはないということ。ここでいう「浮世」とは、定まることのない、浮き沈みの激しい人生、人の世を指す。

【用例】

今は貧乏で辛くても、浮世は回り持ちで、いずれ大金持ちになるかも知れないよ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク