慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 浮き沈み七度

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 浮き沈み七度  

【ことわざ】 浮き沈み七度

【読み方】

うきしずみななたび



【意味】

長い人生の間には、好調なときも不調なときもあるということ。「浮き沈み」は栄えたり衰えたり、「七度」は何度も繰り返されるという意。浮き沈みが何度も起こるという喩え。

【同語】

浮き沈みも一代に七度(うきしずみもいちだいにななたび)

【用例】

人生は浮き沈み七度だから、良いこともきっとあるさ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク