慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 魚を得て筌を忘る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 魚を得て筌を忘る  

【ことわざ】 魚を得て筌を忘る

【読み方】

うおをえてせんをわする



【意味】

目的を達成すると、それまでに用いたものや手段、また人から受けた恩、
助力などを全く忘れてしまうこと。目的の魚を補ってしまうと、それで満足し、
魚を取るために利用した筌のことは、忘れてしまうことから。
「筌」とは、魚を取るための竹製の道具で「うえ」とも読む。

【類語】

兎を得て蹄を忘る(うさぎをえてていをわする)
雨晴れて笠を忘る(あめはれてかさをわする)
病治りて医師忘る(やまいなおりていしわする)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク