慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 殷鑑遠からず

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 殷鑑遠からず  

【ことわざ】 殷鑑遠からず

【読み方】

いんかんとおからず



【意味】

「殷」は中国古代王朝の一つ。「鑑」はかがみ、手本。
周に滅ぼされた殷の国民が鑑、つまり手本とすべきものは、
遠い時代に求めなくても、殷が滅ぼした前代の夏(か)の滅亡が、
よい戒めであるということ。古(いにしえ)をたずねなくても、
失敗や破滅の前例は身近にある、戒めの材料はすぐ近くにあるというたとえ。

【同語】

商鑑遠からず(しょうかんとおからず)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク