慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 いつまでもあると思うな親と金

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 いつまでもあると思うな親と金  

【ことわざ】 いつまでもあると思うな親と金

【読み方】

いつまでもあるとおもうなおやとかね



【意味】

元気な親もいつかは死ぬし、たくさんあるお金も使えばなくなってしまうもの。
日頃身近にあって、当たり前に思える人や物を頼るのは、
ほどほどにすべきだという教訓。

【用例】

いつまでもあると思うな親と金、失って初めてわかるこの言葉。
今からでも遅くはない、親御さんを大切にしよう。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク