慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【慣用句】 桁が違う

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【慣用句】 桁が違う  

【慣用句】 桁が違う

【読み方】

けたがちがう



【意味】

物事の規模や、程度の差が格段に違うこと。算盤で珠を貫く縦棒を「桁」といい、数の位を異にするという意味。

【用例】

アマチュアで優勝したからと言っても、プロの世界では桁が違うよ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク