慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【慣用句】 脂が乗る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【慣用句】 脂が乗る  

【慣用句】 脂が乗る

【読み方】

あぶらがのる



【意味】

①魚などのからだに脂肪が付いて、味がよくなること。
②仕事や勉強などをするのに、調子が出てくること。

【類義語】

脂が乗り切る(あぶらがのりきる)

【用例】

①このイワシは、よく脂が乗っていてうまい。
②彼が陸上選手として脂が乗るころに開催される、次のオリンピックが楽しみだ。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/23-54524991

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク