慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 一寸の虫にも五分の魂

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 一寸の虫にも五分の魂  

【ことわざ】 一寸の虫にも五分の魂

【読み方】

いっすんのむしにもごぶのたましい



【意味】

たった一寸ほどの虫でも、体の半分にあたる五分の魂を持っていることから、小さな弱いものにも、それ相応の思慮や意地があるのだから、侮ったり、軽んじたりすべきではないということ。自分自身の意地を示すときにも使う。

【用例】

小さな八百屋だが、常連さんもいらっしゃるし、一寸の虫にも五分の魂ありで、手放す気はないよ。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク