慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 一葉落ちて天下の秋を知る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 一葉落ちて天下の秋を知る  

【ことわざ】 一葉落ちて天下の秋を知る

【読み方】

いちようおちててんかのあきをしる



【意味】

「一葉」の「葉」とは、梧桐(青桐)の葉のことで、
他の木より早く落葉するので、その葉が一枚落ちただけで、
早くも秋が来たと知れることから、
些細な現象を見て、大勢を予知するというたとえ。

【類語】

桐一葉(きりひとは)
一葉の秋(いちようのあき)

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク