慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 一姫二太郎

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 一姫二太郎  

【ことわざ】 一姫二太郎

【読み方】

いちひめにたろう



【意味】

子を授かるなら、出来れば最初は女の子、次は男の子の順が良いということ。
女の子のほうが子育ては楽だとされるうえ、次の男の子が生まれたとき、
お母さんの手助けも出来るということから。
女一人、男二人の三人の子を得るのが良いと勘違いされやすい。

【用例】

お姫様に弟君がお生まれになれば、一姫二太郎となり、
国中がこの上ない喜びに包まれることでしょう。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク