慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 石に立つ矢

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 石に立つ矢  

【ことわざ】 石に立つ矢

【読み方】

いしにたつや



【意味】

必死になれば、何事も不可能なものはない、やれば出来るということ。
中国の楚の時代、熊渠子(ゆうきょし)が、石を虎と思って弓を射たところ、
その石に矢が突き立ったという故事による。

【類語】

念力岩をも通す(ねんりきいわをもとおす)

【用例】

長年の夢を実現し、開業にこぎつけたけど、
苦節十数年、石に立つ矢というところかな。

-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク