慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 嵐の前の静けさ

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 嵐の前の静けさ  

【ことわざ】 嵐の前の静けさ

【読み方】

あらしのまえのしずけさ



【意味】

台風などの襲来の前に、一瞬不気味な静寂が辺りを支配することがあるが、「嵐」を大事件、トラブルなどに喩え、異変が起きる前の、それを予感させるような、なんとも不安な静かな状態のことをいう。

【類語】

山雨来たらんと欲して風楼に満つ(さんうきたらんとほっしてかぜろうにみつ)

【用例】

連絡を受けてから父さんは怒鳴り散らした?え、座敷に籠ってるって。これは、嵐の前の静けさだ。雷が落ちる前に逃げたほうが良さそうだ。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/147-72cf5849

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク