慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 風流韻事

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 風流韻事  

【四字熟語】 風流韻事

【読み方】

ふうりゅういんじ



【意味】

自然を友として、優雅な遊びや趣味に時を費やし、世俗を忘れること。とくに、詩歌や俳句を詠んで、楽しむこと。

【解説】

「風流」は世俗を離れた、みやびやかなさま、優雅な趣(おもむき)があるの意。「韻事」は自然を楽しみ、詩文などをつくって楽しむという意。

【類義語】

風流三昧(ふうりゅうざんまい)
風流閑事(ふうりゅうかんじ)

【用例】

☆ただひたすら、風流韻事を楽しめれば、私は満足です。
☆のんびりと 風流韻事に親しむ理想の老後を過ごす。

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク