慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 風声鶴唳

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 風声鶴唳  

【四字熟語】 風声鶴唳

【読み方】

ふうせいかくれい



【意味】

ほんのちょっとしたこと、些細なことにも驚き、恐れおののくこと。

【解説】

「風声」は風の音の意。「鶴唳」は鶴の鳴き声の意。そのような、ほんのちょっとしたこと、取るに足らないようなことをいう。敗兵が、風の音や鶴の鳴き声を敵の動きと思い、驚き恐れたという故事による。

【用例】

水鳥の羽音に恐れおののいて敗走した平家の武者は、まさに風声鶴唳だ。

【出典】

『晋書(しんじょ)』謝玄伝(しゃげんでん)

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク