慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 百鬼夜行

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 百鬼夜行  

【四字熟語】 百鬼夜行

【読み方】

ひゃきやぎょう(ひゃっきやこう)



【意味】

さまざまな妖怪が、夜になると列をつくって歩き回ること。転じて、多くの人間が、思うにまかせてあちらこちらで悪事を働いて回ること。悪人が幅をきかせ、のさばるさま。

【解説】

「百鬼」はさまざまな妖怪の意。「夜行」は夜間に行動するの意。

【用例】

百鬼夜行といわれる都心の繁華街。
☆この業界は、内実は百鬼夜行だから十分に気をつけたほうがいいよ。

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク