慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 千慮の一失

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 千慮の一失  

【ことわざ】 千慮の一失

【読み方】

せんりょのいっしつ



【意味】

どんなに分別のある思慮深い人でも、失敗や思い違いをすることがあるということ。十分に考え、各方面に配慮した計画であっても、思いもよらないところに失敗の要素が隠れているものだというたとえ。

【同義語】

賢者も千慮の一失(けんじゃもせんりょのいっしつ)

【出典】

『史記(しき)』icon

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク