慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 千里の野に虎を放つ

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 千里の野に虎を放つ  

【ことわざ】 千里の野に虎を放つ

【読み方】

せんりののにとらをはなつ



【意味】

自由に行動できる広い野原に、危険な虎を放つこと。危険な人物を野放しにすると、災いがあとに残ってしまうということ。

【同義語】

千里の野辺に虎の子を放つが如し(せんりののべにとらのこをはなつがごとし)
千里が野辺に虎の子を養うが如し(せんりがのべにとらのこをやしなうがごとし)

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク