慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 後足で砂をかける

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 叱る・論す語句 > 【ことわざ】 後足で砂をかける  

【ことわざ】 後足で砂をかける

【読み方】

あとあしですなをかける



【意味】

お世話になった人を裏切り、受けた恩を平気で忘れるだけでなく、その上、更に迷惑をかけたり、損害を与えて去っていくこと。犬や馬が駆け去るときに、後足で砂を蹴散らすことから。

【類義語】

飼い犬に手を噛まれる(かいいぬにてをかまれる)
恩を仇で返す(おんをあだでかえす)
後は野となれ山となれ(あとはのとなれやまとなれ)

【反対語】

立つ鳥跡を濁さず(たつとりあとをにごさず)

【用例】

結婚する時には、あれだけみんなに世話になっておきながら、嫁さんと子供は捨てる、借金は踏み倒す、あげくに離婚だ? そんな後足で砂をかけるような真似が、よくできたものだ。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/143-d454f416

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク