慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 釈迦に説法

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 釈迦に説法  

【ことわざ】 釈迦に説法

【読み方】

しゃかにせっぽう



【意味】

仏法を説くのを「説法」といい、説法の本家が釈迦である。つまり釈迦に説法をするのは、まったく余計な、おろかで厚かましいこと。転じて、専門家に向かって素人がいろいろ意見を言ったりすることを指す。身の程知らずに対する戒めの語。

【類義語】

孔子に論語(こうしにろんご)
河童に水練(かっぱにすいれん)

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク