慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 霜を履んで堅氷至る

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 霜を履んで堅氷至る  

【ことわざ】 霜を履んで堅氷至る

【読み方】

しもをふんでけんぴょういたる



【意味】

霜を踏む季節になると、やがて堅い氷の張る厳冬がやってくるということから、災害など何か物事が起こるときには、まず前兆があるという喩(たと)え。また、前兆が見えたら用心し、対策や備えを怠ってはならないということ。

【出典】

『易経(えききょう)』

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク