慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 死中に活を求める

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 死中に活を求める  

【ことわざ】 死中に活を求める

【読み方】

しちゅうにかつをもとめる



【意味】

「活」は活躍、生きる方法や手段のこと。死ぬしかないような絶望的な状況のなかで、なお生きる道を探し求めること。転じて、難局を乗り切る打開策として、敢えて危険な状況に身を投じること。

【類語】

九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)

【用例】

団塊の世代の我々の受験戦争は厳しかったな。古文の先生が、「あきらめるな、死中に活を求める心構えで行け。」と励ましてくれたのが忘れられないよ。

【出典】

『後漢書(ごかんじょ)』

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク