慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 朝三暮四

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 朝三暮四  

【四字熟語】 朝三暮四

【読み方】

ちょうさんぼし



【意味】

結果は同じだが、目先の違いにまどわされて、判断を誤ること。その、愚かさ。また、言葉巧みに他人をだまし、おとしめることのたとえ。

【解説】

猿にエサの木の実を朝三つ、暮れに四つ与えると言ったところ猿が怒り、では朝四つ、暮れに三つに変えたら猿が喜んだという中国の故事から。

【用例】

一方で税控除を充実させ、他方で税額を上げるような、政府の改革案は朝三暮四だ。

【出典】

『列子』黄帝(『れっし』こうてい)

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク