慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 朝雲暮雨

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 朝雲暮雨  

【四字熟語】 朝雲暮雨

【読み方】

ちょううんぼう



【意味】

男女が愛し合い、片時も離れていられないほどの深い仲であることのたとえ。男女の情交のことも。

【解説】

中国の故事による。楚(そ)の懐王(かいおう)が夢の中で情を交わした女神が立ち去る時に、「朝は雲に、日暮れには雨となり、朝な夕なあなたのそばにおります」といったことから。

【類語】

巫山雲雨(ふざんうんう)

【用例】

朝雲暮雨を交わした二人は…。
朝雲暮雨の夢を見る。

【出典】

『文選』宋玉「高唐の賦」(『もんぜん』そうぎょく「こうとうのふ」)

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク