慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 千篇一律(千編一律)

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 千篇一律(千編一律)  

【四字熟語】 千篇一律(千編一律)

【読み方】

せんぺんいちりつ



【意味】

物事のやり方などが、ことごとく一様で変わりばえせず、面白味に欠けること。もとは、多くの詩や文章が、どれも似かよった調子でつくられているという意。

【解説】

「千篇」は千の篇で、「千」は数が多いの意。「一律」はひとつの音律、同じような具合の意。つまり、ワンパターン。「千編一律」とも書く。

【類義語】

一本調子(いっぽんちょうし)

【用例】

最近の企画はどれも千篇一律で、ちっとも面白くない。もっと斬新な案を考えたまえ。

-----<広告>-----

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク