慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【ことわざ】 雨垂れ石を穿つ

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【ことわざ】 雨垂れ石を穿つ  

【ことわざ】 雨垂れ石を穿つ

【読み方】

あまだれいしをうがつ



【意味】

雨のひと滴(しずく)でも、一定の位置に長い間したたり続ければ、固い石にも穴が出来る。弱い小さな力しかなくても、長く根気強く努力すれば、やがては成功することの喩(たと)え。何事も粘り強く辛抱すれば、きっと実を結ぶという教え。

【同義語】

点滴石を穿つ(てんてきいしをうがつ)

【用例】

彼は雨垂れ石を穿つを座右の銘にして、一代で財を築いた。

-----<広告>-----

トラックバック

http://partnersai.blog88.fc2.com/tb.php/139-ecac2185

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク