慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 三百代言

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 三百代言  

【四字熟語】 三百代言

【読み方】

さんびゃくだいげん



【意味】

もとは、あてにならない弁護士を、ののしっていう語。転じて、詭弁を弄して言いくるめること。理屈、道理に合わない弁論をなすこと。そのような人。

【用例】

そんな交渉の仕方では、三百代言にも劣るんじゃないかい。
-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク