慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 情状酌量

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 情状酌量  

【四字熟語】 情状酌量

【読み方】

じょうじょうしゃくりょう



【意味】

裁判で判決の際に、犯罪の動機や実行に至る経緯、事情などを被告人に有利な事情を考慮して、刑罰を軽減すること。

【解説】

「情状」は実情、犯罪における責任の軽重に関する諸事情の意。「酌量」は事情を酌(く)んで、同情的な措置をとるという意。処分決定の際に、事情に考慮するような一般的な場合にも使われる。

【用例】

A君は初犯で、深く反省しており、情状酌量の余地があると判断され、実刑を免れた。
-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク