慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 純真無垢

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 純真無垢  

【四字熟語】 純真無垢

【読み方】

じゅんしんむく



【意味】

心にやましさや、私欲がなく、ありのままで、清らかな心をもっていること。また、そのように飾り気やけがれのないさま。

【解説】

「純真」はまじりけがない、けがれのないこと。「無垢」は仏教語で、清浄で煩悩(ぼんのう)を離れていること。心身がけがれていないこと。とくに、幼い子どもに対していうが、僧侶を指すことも。

【類語】

清浄無垢(せいじょうむく)

【注意】

純心無垢 ※心→×

【用例】

純真無垢な幼子を見ていると、心が洗われるような気持ちになる。
-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク