慣用句・ことわざ・四字熟語辞典
【四字熟語】 純情可憐

慣用句、ことわざ、四字熟語の意味と用例を紹介しています。



  慣用句・ことわざ・四字熟語辞典のナビゲーター   トップページ > 未分類 > 【四字熟語】 純情可憐  

【四字熟語】 純情可憐

【読み方】

じゅんじょうかれん



【意味】

心が素直で、愛くるしいさま。また、世間ずれしておらず、邪心などがかけらもないさま。

【解説】

「純情」は極めて純粋で、清らかな心、気持ち。「可憐」はかわいらしい、いじらしいこと。また、そのようなさま。すなわち、俗塵(ぞくじん)にまみれていない若者、とくに少女の形容として用いる。

【類語】

純真可憐(じゅんしんかれん)

【用例】

純情可憐な乙女の笑顔なんて、最近じゃ映画の世界でしか見かけなくなった。
-----<広告>-----

 | HOME | 

ジャンル別検索

用例別検索

辞典内検索

調べたい語句を入力してください。
※例 板につく etc.

WEB検索 By Google

-広告-

リンク